仕入れに革命を起こしませんか?

基本はAmazon在庫切れを仕入れる!

国内せどりで外せないのがAmazon在庫切れですね。
Amazon在庫切れはせどりの基本中の基本、でも奥は深いです。
仕入れの際の絶対的な基準になりますから初心者もみんなわかったつもりでいますが、
実はそれは表面的なことしかわかっていません。

せどりでは仕入れのレベルが上がればいろんなものが見えてきますから、
まだ経験値が低かった時期に考えていたAmazon在庫切れの概念がいかに浅かったか、思い知られされます。
まずはAmazon在庫切れに注目して仕入れていくは悪くないので、ちょっとずつレベルを上げていってください。

【リサーチ方法】新テクニック『刈り取り』を紹介!

皆さんは、『刈り取り』という仕入れテクニックをご存知ですか?


通常の仕入れは、Amazon以外のショッピングサイトを対象に行われますが、
『刈り取り』ではAmazonを対象に仕入れが行われます。


Amazonから仕入れをして、Amazonへ出品をする?と、
普通はここで理解ができなくなるのですが、価格を考えてみると、一気に理解が進みます。


Amazonには、極端に安い価格で出品されている商品がたまにありますよね。
理由は様々だと思います。
出品に慣れてなくて、誤操作で安く出品してしまった、
価格改定の流れに取り残されてしまった、吊り下げ効果を狙ったが失敗している・・・・などなどです。


こういった極端に安い出品を買い取ってしまって、相場価格で再出品するのです。

この方法は、Amazon内で同じ商品に対して、仕入れと出品を行っていますが、
仕入れ値と出品価格に差額が生まれるので、利益が生じます。


この刈り取り方法は、いちいち仕入先を探さなくて済むので、
仕入れの効率が上がります。


また、複数のショッピングサイトに登録をする必要もなくなるので、
いろいろな手続が必要なくなります。


刈り取りをするには、「最安値と2番安価格の差額」を検索できる電脳せどりツールが必要です。








仕入れ奔走記

仕入れに時間をかけまくる仕入れ重視せどらーです。

その名もインプットせどらー本丸。


いくら価格改定などをがんばっても、結局「よい商品」でないと
顧客のニーズもないし、利益も出ません。


私は複数あるせどりの作業の中でも「仕入れ」に圧倒的に時間を割くことによって、
月30万円のせどり収入を得られるようにがんばっていました。


・・・・・


がんばっていました。



そう、それも過去の話。



みなさん、仕入れはいくら時間を割いても、やり方を間違えると稼げませんよ。


これからお話することは、馬鹿な男が休日を実店舗せどりに費やしたあげく、
これっぽっちも稼げなかったという話です。


ある男は、ある日一大決心をします。

「そうだ、せどりで稼ごう!」


そして、ネットに落ちている無料のレポートで勉強を始めました。

「そうか、やはり、もともと価格の高い商品で勝負をしたり、プレミア価格の
商品を探せば、少ない元手で大きな利益が稼げるんだな!」


実店舗巡りをする。
主にハードオフなどのPCの中古販売店。

無い・・・・

全くない・・・・

しかも、重くて持ち帰るのが大変だし、家のスペースもどんどん侵食される・・・><

かくして、男はせどりで稼ぐどころか赤字を出してしまったのでした。


そう、私の話です。


いまでは、黒字を達成しています。

その秘訣をお話します。


待て次回。